体のための基本のスキンケア

スキンケアが必要なのは顔だけではなく、体にもスキンケアは必要です。顔に比べ、体は面積が大きくパーツもさまざま。また、ほとんどのパーツは顔に比べて皮脂分泌が少ないため、乾燥しやすいのです。

 

そして、体のスキンケアは、洗う・保湿は当然の事ですが、ムダ毛のケア・角質ケア・UVカットなど、多岐にわたっています。

 

そこで今回は、体のための基本のスキンケアをご紹介いたします。

 

【体のための基本のスキンケア】

≪体を正しく洗おう!≫

「体を正しく洗おう!」そんな風に言えば、「いまさら何を言っているの?」と笑われてしまうかもしれません。しかし今、体の洗い方の新常識が生まれようとしているのです。つまり、これまでの体の洗い方はNGという事。なんと、体の洗い方の新常識とは、毎日体を石鹸で洗ってはいけないというもの。

 

ある年齢を超えている人ならば、昔から毎日お風呂に入って、髪の毛はシャンプーで、体は石鹸できっちり洗い、清潔を保つのが常識。そんな生活を送ってきたことでしょう。しかし、この毎日石鹸で体を洗うという習慣こそが、肌の乾燥によるトラブルを招いているのです。

 

特に乾燥する季節になると、体の色々な部分が粉をふいたような状態になったり、痒くなったりと、肌トラブルが悪化する人がたくさんいます。これは洗いすぎによる乾燥が招いている状態。

 

そもそも、私たちの体のほとんどのパーツでは、皮脂が殆ど分泌されていませんので、よほどでない限り石鹸を必要とするほどの汚れが体につくことはないのです。

 

しかし、どうしても気になるならば、皮脂が分泌されている背中とデコルテの下部分・汗がたまりやすい脇の下と下腹部付近・デリケートゾーン周辺のみ石鹸を使用し、その他のパーツはお湯だけで洗う方法にチェンジしましょう。これだけで肌の乾燥が劇的に改善するといわれているのです。

 

≪入浴後の保湿は必須です≫

洗顔後に保湿が必要な用に、入浴後の乾燥した体にも保湿は必須。ただし、体には顔ほどの保湿力は必要としませんので、市販のボディ用クリームで十分保湿できるでしょう。尿素配合のクリームを使用すれば、肌の柔軟性を高めてくれますのでより良いケアができるでしょう。そして、季節ごとに保湿に用いるケアアイテムを変えるなど、工夫してみましょう。

 

夏はさっぱりしたローションで保湿を行い、乾燥する冬の季節ならクリームを活用します。体のパーツで乾燥しやすいのは腕・足・背中ですので、これらの部分は特に丁寧に保湿を行いましょう。

 

≪ムダ毛のケア≫

ムダ毛のケアは、案外肌にダメージを与えています。しかし、それに気づかず処理し続け、状態を悪化させているケースが少なくありません。

 

肌のダメージを軽減するために、サロンんでの永久脱毛を行うといった方法もありますが、コストや時間の問題もあり、手軽な方法とはいえません。

 

だからと言って、処理しないという選択肢は考えにくいものです。ならばせめて負担が少ないシェービングでの処理を選択しましょう。

 

肌への負担を最低限に抑え、シェービング効果を高めるためには、ムダ毛処理専用のシェーバーを使用する事・シェービングクリームを使用するか、ミルクローション・ベビーオイルなど肌のすべりを良くするアイテムを活用してみましょう。

 

≪角質ケア≫

角質の代表はかかとの固い角質です。実はこれ、案外簡単に処理できるのです。専用の器具を利用してケアを行っても良いですし、湯船につかって柔らかくした後、かかとの角質を「軽石」でこすり落とすのもかなり効果的な方法です。これを毎日繰り返し行う事で、徐々に角質は薄くなり、滑らかなかかとが手に入ります。かかとがぱっくり割れるのは、かかとの角質層が固くなったことにより引き起こされている問題ですので、こうした不快な状態も改善されます。

 

軽石の処理だけではいまいち柔らかさに欠けると感じる場合には、尿素配合のクリームをつけておけばより良い状態になります。

 

≪紫外線対策≫

体への紫外線対策はとっても手のかかるスキンケアです。なにせ、体の多くのパーツに対して、日焼け止めクリームを3時間ごとに塗る訳です。これを毎日行うというのはなかなかできる事ではありません。

サエルの口コミ

しかも、日焼け止めクリームだけで紫外線のすべてをカットするのは現実的ではありません。そこで活躍するのが、日焼け止めクリームとその他アイテムの併用です。可能な限り肌が隠れる洋服を着用し、出ている部分には日焼け止めクリームを塗ります。そして、首にはストールを巻き、帽子や日傘でカバーします。また、タルク配合のボディパウダーを活用すれば、日焼け止めよりも肌をいたわりながら紫外線対策を行えますのでおススメです。ただし、ボディパウダーの紫外線対策効果はせいぜいSPF20程度。しかも落ちやすいという特徴もありますので、1時間に1回程度、あるいは水を使った跡などはすぐに塗りなおしましょう。

 

【まとめ】

体のための基本のスキンケアについてご紹介してまいりました。顔同様に、体にもスキンケアは必要。しかし、顔と体はケア方法も使うアイテムも違います。

 

顔には顔の、体には体にあったスキンケアを行い、美肌ボディを目指しましょう。